東大式 勉強法

高校生 塾 行くべきか!【頑張り方が解らない】現役東大生の指導で効率よく弱点を補強して高校大学受験を突破する方法

こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

○○で適切な対策でさらに上の大学に合格できるようになった方法とは

高校生 塾 行くべきか
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・難関大学を目指しているがマーク模試で志望校 E 判定だった
・子どもが塾に通っているが、先生のことが苦手なので塾を辞めたいと言っている
・学校の教師はFラン大卒ばかりで、教え方が下手
・自分の学歴が低すぎて教えることができない。
・正しい自宅勉強の仕方を知って、確実に志望校に受かるようにしたい
・自宅での学習で合格までの力を身に着けたい
・地方の塾ではカバー出来ない部分をサポートしてほしい。

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・すぐに諦める癖がついてしまい当然受験は失敗
・引きこもりになる
・気づいたら二浪、三浪となってしまう
・漫然と取り掛かるのを先延ばしにして結局は間に合わなくなってしまう
・プレッシャーが押し寄せ、焦りと緊張に襲われ、精神的に不安定になる
・間違えをほったらかしにする学習では成績向上に繋がらない
・塾嫌いで勉強も嫌いになる

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・隙間時間に授業を受けられるため、ムダがなくて全てを勉強に注ぎ込むことができる
・子ども受験ストレスから解消
・部活や習い事と両立しやすいため、ムダが時間を使わずに済んで確実に学力を上げていくことができる
・自分のペースで勉強を進められるため、確実に偏差値を上げていくことが可能
・解らなくて苦痛だった勉強が理解できることにより毎日が楽しく過ごせるようになる
・希望大学に合格して、キャンパスで念願の彼女ゲット
・スタディコーチを選んだおかげで、受験が怖くなくなって実力を発揮できた

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・インターネット環境が必要。⇒手持ちの機材で指導を受けられたり必要な機器を借りられたりするところを選べばよい。
・講師が東大生とはいえ学生なので、時間や対応が無責任になりそう
・熱血指導で逆にやる気を無くす⇒講師と相談するかチェンジで対応する
・映像の授業だとあまり身が入らないかもしれないが子供に合った内容なら集中して勉強してくれる
・一緒に高め合える友達ができない。⇒体験授業を受けてみて子供のモチベーションが維持できそうか確認してから申し込めばよい。
・オンライン学習が基本なので、孤独になりがち⇒サポート体制がしっかりしているので、ケアしてもらえる
・自習室はないが、自宅でも集中できる環境を整えればよい

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・送り迎えが不要
・しっかりした学習計画により進学校の授業にもついていける。
・個別カリキュラム
・オンラインため塾の教室を借りたりする固定費がかからずに済むので、それだけ学費を安くできる
・オンライン学習と個別指導で自宅学習時間が増える
・正しい学習方法を教えてくれるから学習時間が伸びる
・通える距離に難関校を目指すような進学塾がない地域の方でも、東大生の先生に指導してもらえる。

→スタディコーチ公式サイトはこちら

-東大式 勉強法