スタディーコーチ 実績

オンライン塾 授業料!オンライン個別指導が信頼できる家庭教師で子供も親も安心して受験対策ができることをご存知ですか?

こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

家庭教師を家に上げるのは抵抗がある方に、オンライン個別指導でオンラインで家庭教師を自宅に入れずに快適に受験対策ができるようになった理由

オンライン塾 授業料
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・地方に住んでいるため、見合った塾や教室が近くにない
・アルバイトもしているので効率よく受験勉強したい
・子供がやみくもに勉強しているので効率の良い勉強方法を教えてもらいたい。
・塾に通わせるのには抵抗があるけど、自宅学習を一人ですすめるのは難しい
・地方在住だけど、子供にはハイレベルな講師の指導を受けさせたい。
・受験生の親で、塾も進めましたが自分でするから行かないと言われた
・大手予備校が家に近くにないが家庭教師では頼りない

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・受験生の息子に苛立って喧嘩しました
・基礎が曖昧なままになっていて高度な問題に対応できない
・本人に合った勉強方法が分からず、大学受験に失敗してしまうかも
・成績が悪いままだと最悪留年になることも
・地方だと子供が希望する大学にあった塾や予備校がなく効率が悪い受験勉
・大学受験の対策を間違って子供のやる気が削がれてしまうと大学受験に失敗して挫折を味わうことになる
・受験に失敗して浪人することになる

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・親子で楽しい食卓
・通塾にかかる交通費を節約できるため、余計なお金を使わなくて済む
・東大に受かる勉強方法を教えてもらい、現役で東大理1類に合格できるかも
・自宅で授業が受けられるため、塾に通ったりせずに済みムダがない
・効率の良い学習方法で、勉強時間あたりの習得率や成長率が伸びる。
・周囲に大学まで子どもが行ったと自慢できる
・難関学校を合格できれば自分の人生の選択肢が大きく広がる

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・独学に比べてお値段はそれなりにかかるが→科目無制限で映像授業もうけられてコスパがよい
・苦手科目が避けられない
・長時間の仕様で目や耳が疲れやすい⇒途中で休憩を入れていく
・受講できる学科はたくさんあるらしいがもっと不得意のものをだけを絞って教えて欲しいのだが⇒  受講できる学科が少ないと自分の受けたい学科を探して何個もの塾を受けなくてはいけなくなる
・年度の変わり目で講師の交代があるかも⇒講師は現役東大生なので学業就職の理由で担当続けられない場合あり
・コーチとの相性がある
・安定したインターネット接続環境が必要

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・対面型の塾のように教室の維持コストなどがかからないため、低価格でありながら東大生による高品質の指導を受けられる。
・一人ひとりに合ったオーダーメイドカリキュラムなので、苦手な部分を重点的に効率よく学習することができる。
・時間を効率的に使える
・希望の講師紹介まで何度でも体験授業可能
・東京に行かなくても、東大の現役大学生がマンツーマンで教えてくれる
・映像授業で効率的に苦手科目を潰せる
・チャットや映像なども利用してコーチしてくれる

→スタディコーチ公式サイトはこちら

-スタディーコーチ 実績